小継竿の製作

口巻き7本並継3尺5寸の製作(H30.5.07)「第634作
13人の仲間へのプレ製作も取り合えず最後になりました。今回は並継7本、30グラム。
竿長:20センチ、たなご竿ではなく、小鮒などの小継竿の製作としました。
小さめのへらぶななら釣れるでしょう。是非楽しんでいただきたい。

たなご竿の製作

口巻きインロー7本継3尺5寸の製作(H30.5.02)「第633作
今回も仲間へのプレゼント用に作りました。前回と同じ長さになりましたが、握りを研ぎ出しの練習をしました。
竿長:17僉∩躪睫鄰檻桂楫僉▲ぅ鵐蹇七僂任后たなご竿は最後になるでしょう。
今回のグループはあと小ブナ釣りの小継竿を1本作って終了です。結構沢山作りました。
釣りはされない人なので、飾りでしょうね。ケースに入れてプレゼントします。
 

たなご竿の製作

口巻きインロー7本継3尺5寸の製作(H30.4.24)「第632作
仲間へのプレ用に数か月前から作ってきたが、いよいよ最後に近くなってきた。だんだん製作スピードが鈍くなってきた。
高野の7本継ぎ、竿長:17センチ、竿重:15グラム。
このたなご竿とへら釣り用小継竿の2種類と渓流竿は先日作った。仲間があまご釣りをするとのことで、この竿で
いいのかどうかわからないが、想像して作った。
口巻き部はダイヤピースの研ぎ出し。握りも研ぎ出しでやってみた。握りの研ぎ出しは色が少なかったが、まあ
あの感じに研げた。

たなご竿の製作

口巻き並継10継2尺3寸の製作(H30.4.11)「第631作
10本継の第2弾。総高野10本継、仕舞寸法3寸仕立て。竿長70センチ。握り上10.4ミリ。
飾り:握りが研ぎ出し。口巻き部はダイヤピースの研ぎ出し。竿重15グラム。

友へのプレゼント

口巻き6継3尺5寸の製作(H30.3.25)「第630作
友へのプレゼント用に組んだ。たなご竿、6本インロー継、握り上5.0ミリ、竿長17.5センチ、竿重:10グラム。
くちぼそ、もろこなども小川や池で楽しめるので、ぜひ使ってもらいたいものです。

仕舞寸法3寸の超短竿の製作

口巻き並継10継2尺3寸の製作(H30.3.24)「第629作
たなごや小魚用に仕舞寸法3寸を目標にして、継ぎ中抜き練習で製作。
竿長8.5センチ。手元口径10.0ミリ、9−9.2ミリ、8−7.9、7−6.9、6−6.0、5−4.8、4−4.1、
3−3.2、2−2.5、穂先1.6ミリ。竿重:10グラム。竿長71センチ(2尺3寸)

たなご竿の製作

総高野朱口巻き8継5尺1寸の製作(H30.3.16)「第628作
お世話になった人に思い出用に作った。たなごか小鮒を釣って楽しめたらいいのだがどうだろう。
竿長:22センチ。総高野の25グラム。握り上6.2ミリ。飾りは握り:竹区切りの乾漆仕上げ。口巻き部:ラメ入りとした。
写真は20グラムのペットボトルを吊ったところ、そこそこ胴にのってきている。
A5番のケースに収めました。

5.8尺の製作

段巻き3継5.8尺の製作(H30.3.10)「第627作
HGの管理釣り場で、5尺で短く6尺で長い場所があり、何時もそこを入らなければいいが、入って
床とりに苦戦している。そこで6尺にチョイ足らない5.7ぐらいを目標に組んだら5.8になってしまった。
握り上8.0ミリ、穂先4ミリ、竿重:40グラムと並み。
ちょうちん仕様の段床で硬式まではいかず、中式程度だが遊べるでしょう。

竹竿の折れた穂先で6尺製作。

口巻き3継6.5尺の製作(H30.3.08)「第626作
折れた竹竿の穂先が60センチ残ったので、やや硬式の3継6尺を組んだ。
握り上9.7ミリ、竿重:50グラムの並みの重さで穂先3.8ミリで硬式まではどうだろう。120グラムの
ペットボトルを吊った曲がりも胴に乗ってきた感じだ。そこそこ使えると思う。

仕込み竿の製作

朱笛巻き仕込み1本仕舞2継5.8尺の製作(H30.3.05)「第625作
5尺の仕込み竿がなくなったので組んだ。
穂先は5ミリ。握り上10.5ミリの10節物の小節で、5尺1.2寸では9節に切るといいが、もったいない
から10節のまま仕込み竿としたため、5.8尺までのびてしまった。
竿重:70グラム。120グラムのペッボトルを吊ってみたがそれほど硬式ではない。